[よくある質問と回答]

 

 

Q. 赤ちゃんがいます。 いつごろから歯科クリニックに行けばいいですか?

A. (丹波市などの)1歳半検診のころに一度クリニックの来院をお考えください。生えたばかりのきれいな歯を診て、優しくクリーニングいたします。小さいお子様に「歯医者さんは怖くないし、痛くない、楽しい場所」と思ってもらえるように、何かある前に予防感覚で来ていただけるとベストです。

 


 

Q. 母子手帳に「妊娠中に歯科検診を」と書いてありましたが、なぜですか?

A. 妊娠中はホルモンのバランスが不安定になりやすく、妊娠性の歯肉炎等が起こることがあります。また、出産後は歯の調子が悪くなっても赤ちゃんのお世話で来院しにくくなる場合もありますので、早めの点検が大切。妊娠前から、定期的に健診を受けていただけるのがベストです。

 


 

Q. 子どもの「仕上げ磨き」は、何歳くらいまでしてあげればいいですか?

A. その子の成長のペースもあるので、一人磨きを始めてからも、上手に一人で磨けるようになっているか時々チェックしてあげてください。

 


 

Q. キッズスペースはありますか?

A. 治療室と同じくらいの広さのキッズスペースをご用意しています。絵本やおもちゃなどを用意し、待ち時間中もお子様が楽しんでいただけるよう配慮しています。

 


 

Q. 歯周病と診断されたのですが、どのような治療をしてもらえるのですか?

A. 朝起きた時、口の中がねばねばする。歯を磨いたときに出血する。口臭がする。歯茎がむずがゆい、赤く腫れている。硬いものが噛みにくい。歯と歯の間に隙間ができてきた。などの症状が当てはまる方は、歯周病の疑いがあります。まず、現在の歯肉の状態を十分に観察し、歯周病の原因である歯垢を減らすためのクリーニングを行います。歯肉の中まで歯石が入っている場合は完全に取り除き、さらに根の表面を滑らかにします。傷んだ組織を治療して健康に近い状態にし、健康な状態を維持できるよう、ご家庭でできるブラッシング方法をアドバイスさせて頂きます。

 


 

Q. 急に痛み出した時など、予約なしでも見ていただけますか?

A. ぜひご来院ください。状況によってお待ちいただくこともありますが、出来る限り対応させて頂きますので、ご来院前にご連絡いただければ幸いです。

 


 

 

Q. 最近よく聞く「予防歯科」ってなんですか?

A. 特に歯に不調がなくても、むし歯や歯周病を防ぐために歯科を受診していただくことです。定期的に検診や、クリーニングなどを行うことで、健康な歯を保つことができます。当院ではお子さまからご高齢の方まで「丹波市8020運動(80歳で20本)」をめざし、歯科医院でのケアとご家庭でのセルフケアの両方についてアドバイスさせていただきます。

 


 

Q. 冷たいものや熱いものがしみて痛いです。

A. むし歯は、虫歯菌が出す酸によって、歯のカルシウムが溶かされ、歯がもろくなり穴が開いてしまう病気です。きちんと取り除くことで、再発を防げます。当院では検知液で感染した部分をきちんと把握、削る量を最小限におさえます。また、「電動麻酔器」を使用して、麻酔の苦手な方にも極力痛みのすくない治療を行えるよう配慮します。

 


 

Q. 歯茎が腫れたり、歯を磨いたら出血したりします。

A. 歯茎が腫れたり、出血したりするのは、歯周病が考えられます。歯垢の中にひそむ歯周病菌が、歯茎や歯を支える骨に炎症を起こす病気で、進行すると歯を失うことも。当院では、顕微鏡で口腔内の細菌を観察、歯科衛生士による徹底的なクリーニングと、ご家庭でもできるブラッシング方法をアドバイスさせていただきます。症状がひどい場合は、レーザーや歯周外科治療で、できる限り歯を残す治療を行います。

 


 

Q. 歯の変色や銀歯がコンプレックスです……

A. 変色した前歯や奥歯の金属が気になって思いっきり笑えない、笑顔に自信が持てないとお困りの方は多いのではないでしょうか?美しく健康的な歯と歯茎を取り戻し、生き生きとした毎日を送ることができるようにお手伝いできればと思います。当院ではオールセラミック治療やホワイトニングなどに対応しておりますので、お気軽にお問い合わせください。

 


 

Q. 親知らずが痛いのですが..

A. おとなになってから生えることの多い親知らず。顎の小さくなった現代人は、まっすぐ生えてこず横向きに生えたり、歯茎がかぶったり、トラブルの原因になることもしばしばです。生えてきたら早めのご相談をいただけたらと思います。口腔外科の経験を生かして、その方に合った検査や処置をご提案します。

 


 

Q. 歯が少なくなって、美味しくご飯が食べられません。

A. よく噛んで食べることは、全身の健康と密接なつながりがあるといわれています。歯を失った方にもう一度「噛む」喜びを感じていただけるように、サポートさせていただきます。ブリッジ、義歯、インプラントなどの方法がありますが、それぞれのいいところ、わるいところを説明して、最適な治療法を提案させていただきます。